Why"nexacro beyond"?

DX時代の”All in One”プラットフォームnexacro beyond

DX時代では多種多様な利用者環境で利用できるシステムを実現しなければなりません。
nexacro beyondで開発するアプリケーションのプログラムコードは、実行環境がHTML5であってもRUNTIMEであっても”ひとつ”です。
”ひとつの開発環境”からさまざまなマルチに対応したアプリケーションを開発することができます。

マルチに対応 6つのポイント 6つのポイント

nexacro beyondは”UI/UX” に特化したローコード開発ツールです

nexacro beyondは ”UI/UX” に特化したローコード開発ツール・実行基盤です。システムのバックエンド(サーバ/データベース/稼働環境)に依存しないので、UIだけを最新技術で作ることができます。

  • 既存システムのままで画面のみをモダナイズしたい!
  • システム刷新の際にバックとフロントを分けて開発したい!
  • マルチデバイス対応画面開発の生産性・永続性を高めたい!
    「nexacro beyond」で課題解決!
ローコード開発ツール

nexacro beyondは品質/サポートに自信があります

nexacro beyondはUI/UX専業のソフトウエアメーカーの約20年に亘る歴史の中で生み出された最新バージョン、品質/サポートに自信があります。

  • メーカーによる品質への取り組み
  • 教育、コンサルティング(有償)サポートも充実!
  • 技術サポートもWebで簡単!(オンラインサポート)
  • 各種資料も充実!(マニュアル、TIPS)
  • メーカーによる永続性の担保!