未来のUI/UXを見据えた新しい開発基盤 「nexacro beyond」

OSMU

nexacro beyondは、Webシステムのプレゼンテーション・レイヤー(端末画面側)を強力に支援する開発・実行基盤です。

byd-01

Webシステムで利用される

  • 各OS(Windows、Mac、iOS、Android、iPadOS)
  • WEBブラウザ(Internet Explorer、Chrome、Safari、Firefox、Edge)
  • スクリーン(デスクトップPC、スマートフォン、タブレットPC)

で動作するアプリケーションを、“1つの開発ツール”から創り出します。また、OSやブラウザの違いによって発生するアプリケーションの挙動差を実行基盤が吸収するため、環境ごとの個別実装から解放されます。
UX(User Experience)が重要視される今、Webシステムにおいて“最適、最高のUX”を提供し業務生産性を高めるとともに、開発および保守・運用時のコストを大きく削減、アプリケーションの安定性と可用性を担保します。

そして、音声インターフェースや視線、ジャスチャーなどの人の自然な行動である NUI(Natural User Interface)に対して”JavaScript”だけで開発が可能となるよう取り込んでいく、未来のUI/UXを見据えた新しい開発基盤です。

byd-02
byd-03
byd-04
byd-05

nexacro beyondなら、開発における様々なお悩み・問題を解決します!

byd-06

nexacro beyond「導入メリット・期待効果」

byd-07

システムの可用性担保

スマートデバイスやブラウザの多種化など環境変化対応はnexacro beyondが担います。

byd-08

開発の標準化

必要な言語はウェブ汎用のJavaScriptのみ。煩雑な技術対応をなくし、標準化します

byd-09

“最高のUX”を提供

UIに凝るほど上昇する開発コストをnexacro beyondが抑制します。

製品構成

実行環境

byd-10
  • HTML5に準拠したWEBブラウザ上で動作
  • ノンインストールで実行可能
  • PC:Chrome、Firefox、Safari、Edge、 Internet Expolorer 9-11
  • Mobile:Chrome(android)、Mobile Safari(iOS、iPadOS)
byd-11
  • 各デバイスのネイティブアプリケーションとして動作
  • Windows PC、android、iOS、iPadOS、macOS
  • オフライン動作、デバイス制御(ローカルファイル、カメラ、GPSなど)

開発環境

nexacro_studio
  • GUIによる画面デザイン、WYSIWYG環境
  • JavaScriptによるロジック開発、コードアシスト機能搭載
  • 各種専用ツール(CSSエディタ、マルチレイアウト編集など)

システム構成図

byd-12_システム構成図

技術情報ページ「BEYOND TIPS」

BEYOND TIPS

「nexacro beyond」を利用・検討されている方に向けた技術情報サイトです。具体的な実装方法やサーバーサイドとの連携方法などの製品理解に必要な情報を4つのカテゴリに分けて説明しています。また、このサイトは「nexacro beyond」で開発し、各カテゴリではそれぞれ異なるUIを使用しているので、画面開発における自由度やパフォーマンスの高さを実感いただけます。

「BEYOND TIPS」はこちら

※当サイトに掲載されている各商標は、すべてそれぞれの所有者の所有物です。

「nexacro beyond」製品へのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら>>