OSやブラウザの違いを吸収する実行基盤

実行基盤(Unified Framework)

実行基盤であるフレームワーク“Unified Framework” によって、共通のプログラムコードが、HTML5であってもRUNTIMEであっても、すべての実行環境で同じように動作します。フレームワークには環境ごとの挙動差を吸収する分岐ロジックが組み込まれているため、開発者は利用環境それぞれを意識した開発を行う必要がありません。

実行基盤

永続的なマルチ環境のサポート

フレーム―ワークは定期的にアップデートが行われ、ウェブブラウザやOSのバージョンアップに伴って発生した新たな挙動差を吸収したロジックが組み込まれます。アプリケーションは、アップデート版のフレームワークを適用することで環境対応が行われ、永続的にシステムの可用性が保たれます。

シングルページアプリケーション(SPA)

nexacro beyondのアプリケーションは、フレームワークの制御によってウェブブラウザ上でシングルページアプリケーション(SPA)として動作します。SPAは、ウェブブラウザ側でページの移動を行わず、フレームワークの制御によって必要なデータだけをサーバに要求し、必要なエリアだけが差分更新されます。差分更新により、高速な画面更新が可能となり、操作性やユーザビリティの向上など、高いUXを得られる効果が期待できます。