他に類のない“レガシーWeb”モダナイゼーション

XGEN-WEB

「XGEN-WEB」とは?

「Webスクレイピング」と「nexacro platform」を組み合わせたソリューションです。 既存Webシステムのソースコードには手を入れず(ノータッチ)、「Webスクレイピング」を活用し、

  1. スマートデバイスなどの最新環境に対応
  2. 複数のWebシステムをポータル化

するモダナイゼーションです。

なぜ、ソースコードに手をいれず対応できるのか?

   その秘密は「Webスクレイピング」の仕組みにあります。


「Webスクレイピング」とは?

ITの進化スピードは速く、そのITをいかに活用するかが企業の成長の源泉です。
最新環境に適応できないシステムは、保守コストが軽微であっても“見えない損失”を与えていると考えるべきです。


スクレイパー

スクレイパーという用具(右図)があります。スクレイプ(scrape)とは、「こする」「磨く」といった意味、スクレイピング(scraping)は「こすりとる」「こそげとる」と言った意味です。

「Webスクレイピング(Web Scraping)」とは、Webシステムの画面情報から必要な情報をこすり取ってくること。具体的には、HTMLのタグを検索して、そこから必要なデータを取ってくることです。このデータを活かせば既存のWebシステムに手を入れずに新たな画面やシステムを構築することができます。

「XGEN-WEB」構成と動作概要

スクリプトを起動

1、利用者のアプリケーションからの起動により、XGEN-WEBサーバー上のスクリプトを実行。

Webデータの収集

2、スクリプトにより、
(1)既存Webシステムにアクセス
(2)HTML解析&目的データ抽出
(3)抽出データを配信

画面描画

3、抽出データをnexacro platformにより構築されたシステムに融合

「XGEN-WEB」の特徴

1、既存システムに手を入れない(ノータッチ)

こうした実態であっても、既存システムに手を入れず“活用”しますので心配要りません。


2、モダナイゼーションの実現

古いHTMLでのシステムやデスクトップPCにしか対応していないシステムであっても、UIのリッチ化/スマートデバイス対応/ポータルサイト化を実現します。


3、「nexacro platform」によりマルチプラットフォームに自然対応

IEでしか動かない、デスクトップPCでしか動かないシステムが、マルチプラットフォームに対応したシステムに進化します。

XGEN-WEB(クロスジェンWEB) メインメニュー