VB6システム(C/S)を最新Web環境へ

XGEN-VB

「XGEN-VB」とは?

「コンバーター」と「nexacro platform」を組み合わせたソリューションです。
マイクロソフト社のVB6で構築されたC/S(クライアント/サーバー)システムを弊社コンバーターで自動置換し、弊社のRIA「nexacro platform」で動作するWebシステムに切り替えます。これにより、C/Sシステムはスマートデバイスも含めたマルチプラットフォーム対応のWebシステムに進化します。

「XGEN-VB」構成と動作概要

プログラムに変換

1、VB6システムのソースプログラムを「VB-Converter」によりnexacro platformのソースプログラムにコンバート(変換)

マルチプラットフォーム対応のWebシステム

2、変換にあたり
(1)変換率等によりチューニング
(2)サードパーティ製部品や、DBアクセス
   帳票処理部分などの調整
(3)テスト

3、旧VBシステムからnexacro platformシステムになったアプリケーションを実行。
(マルチプラットフォーム対応のWebシステムにモダナイゼーション)

(※)実質はサンプルプログラムによるコンバート結果から、チューニングを経て全体をコンバートします。

「XGEN-VB」の特徴

1、リライトによる簡易性

コンバーター

C/SのシステムをWebシステムにするにあたり、スクラッチ&ビルドで作り直すのは大きな手間とコスト、期間を必要とします。
「XGEN-VB」はコンバーターによりVB6で構築されているC/Sシステムを、自動変換し、Webシステムに切り換えます。企業の経営にとって重要な「スピード」を担保します。

2、多種類の環境対応

自動変換されたWebシステムは「nexacro platform」により、デスクトップPC/スマートデバイス、また多種類の汎用ブラウザで動作するシステムに進化します。


3、環境変化に対応

「nexacro platform」は、クライアント環境の変化を恒久的に吸収します。多くの企業が、外部環境の変化であるWindows OSやブラウザのバージョンアップ対応により、その度に保守コストをかけ、対応を行ってきました。コンバート後は「nexacro platform」により、こうした作業から解放されます。

XGEN-VB(クロスジェンVB) メインメニュー