レガシーシステムを最新環境へ

XGEN

ITにおいて、「レガシー」は“負の遺産”として語られます。しかし、ホストコンピュータでのシステムを単純にレガシーと決めつけるのは違和感があります。
一方で、サポート切れの製品やツールを利用しているシステムや、クラウド/スマートデバイスなどの最新環境に適応できないシステムは“負の遺産”と言えます。
企業は、最新環境への転換に対してコストや人の工数を考えると、なかなか決断できず、そのシステムを「塩漬け」にしていることが実態です。

 

モダナイゼーションの必要性

ビジネス変化への対応

ビジネス変化への対応

ITの進化スピードは速く、そのITをいかに活用するかが企業の成長の源泉です。最新環境に適応できないシステムは、保守コストが軽微であっても“見えない損失”を与えていると考えるべきです。

TOC削減

TCO削減

老朽化した技術の利用と存続は、大きなランニングコストがかかっていなくとも、そのシステムのデータ利用に人手を利用する、最終的な切り替え時に大きなコストを必要とする、などの弊害があります。塩漬けにせず、早い段階での切り替えを推奨します。

リスクヘッジ

リスクヘッジ

老朽化した技術により、最新環境に対応できず企業内のデータ連携やビッグデータ利用が阻害される、開発者の確保ができなくなる、などのリスクがあります。

 

XGENシリーズのモダナイゼーション

クロスジェンWEB

既存Webアプリケーションのソースコードに“ノータッチ(影響ゼロ)”で、モバイル対応やポータル化を実現するなど新たなサービス提供を実現するための「エンタープライズ向けソリューション」です。ノータッチの秘密は「Webスクレイピング」です。

クロスジェンVB

Visual Basic6.0で開発されたアプリケーションを自動変換ツールを利用して、マルチブラウザ・マルチプラットフォームに対応したnexacro platformアプリケーションとして近代化する、レガシーマイグレーションを実現するためのソリューションです。

「マイグレーション」の発展形とも言われる「モダナイゼーション」には、いくつかの手法がありますが、弊社のソリューションである「XGEN-WEB」は“ラッピング”、「XGEN-VB」は“リライト”と捉えられます。この2つを総称し「XGENシリーズ」として、企業システムのモダナイゼーションを強力に支援します。