Nexaweb Platform(ネクサウェブプラットフォーム)の特長

Nexaweb Platform(ネクサウェブプラットフォーム)の特長

RIAの開発と運用をよりシンプルに Nexaweb Platform

リッチなWebアプリケーション開発環境、ユーザインターフェイスを提供する「クライアント機能」、リアルタイムサーバプッシュをはじめとする高度な通信が可能な「メッセージング機能」、データ連携やSOAによるシステム連携を実現する「データサービス機能」で構成される、Webアプリケーション開発プラットフォームです。

 

1.Java言語のみの開発環境
開発言語はJavaを採用。独自言語を使用していないため、開発要員の確保や言語の習得が容易です。

2.Webブラウザと同様の発想で実装可能
Internet ExplorerやFirefoxなどのWebブラウザと同じ発想でRIA開発が行えるため、従来のサーバサイドJavaの実装手法を踏襲し、容易に開発が行えます。

3.Java開発のノウハウを活用
StrutsやSpringなどのJavaフレームワークとの併用が可能。これまで培ったサーバサイドのJava技術との組み合わせが可能です。

4.クライアントからサーバまでを一元開発
クライアント、通信、サーバの機能を提供しているため、クライアントからサーバまでの一元開発が可能です。また、クライアントとサーバの開発をJava言語のみで開発可能です。

5.幅広い稼働環境
独自の実行環境を持たないことで、ランタイムのインストールや実行環境の更新などの作業が不要。既存のリソースを有効に活用できます。

 

Nexaweb Platform(ネクサウェブプラットフォーム)メインメニュー

Nexaweb Platformに関するお問い合わせなどはこちら

Page Top