アーキテクチャーについて:nexacro platform(ネクサクロプラットフォーム)

アーキテクチャーについて|nexacro platform

JavaScriptは、一時セキュリティ問題によりブラウザでJavaScriptを無効化させたこともあります。しかし、今はこのような状況は考えられず、ほとんどすべてのウェブアプリで活用されています。このような状況に合わせて、多くのJavaScript開発環境が提供され、Webシステムでは必須環境になりつつあります。頻繁にJavaScriptフレームワークや技術に対するオープンソースプロジェクトが出現していることからもそれは分かります。

nexacro platformの実行エンジン 【Unified Framework】

nexacro platformでのマルチ対応は、「Unified Framework」と命名したJavascript Frameworkにより制御されています。ネイティブコーディングに比べ、機能や性能面で足りない領域においては、2000年代前半からのRIAソリューション提供経験を生かし、このJavascript Frameworkをラッピングする手法で商用ウェブブラウザと独立し起動できるようにしました。
これはモバイル開発環境において、Javascript開発環境をDevice API機能などに向けてラッピングしたHybrid構造とみることもできますが、当社は一歩進んで、レンダリングエンジンやスクリプトエンジン、通信監理モジュール等を補強し、ネイティブアプリに準ずる機能や性能を持つJavascript開発環境として実現しています。

nexacro platformは、様々なサーバ環境に対応しながら、 C / S資産(VB)をnexacro platform基盤で動作するWebアプリケーションに自動変換するソリューション(XGEN-VB)も提供しています。

nexacro platformでのサーバとクライアントの連携は、Datasetという2次元の表(XML)により行われます。そのため、サーバから送信されたデータを再フォーマットしてクライアントサイドのDatasetへ送信するためのJSPまたはServeletで活用可能なX-APIを提供します。

【サーバーからのプッシュ機能】

X-Pushサーバは、Javaベースのnexacroオプション製品です。

業務システムが頻繁に生成する情報/メッセージを、それを必要とする様々なユーザへ“発生時点でリアルタイムに”送信可能なPush Serverです。

  1. 信頼性が確保されたメッセージをリアルタイムで生成/供給します。
  2. モバイル環境に特化した通知機能を提供します。:Mobile Notification System連動。
  3. ユーザの増加に伴うPush Server増設/拡張が容易なスケールアウト機能を持っています。
  4. 効率的な運用をサポートするためのシステム管理/監視機能を提供します。:監視機能はターミナル形式
  5. nexacro platformとバックエンドシステムとの容易な連携:X-PUSH Provider APIを利用し、バックエンドシステムで簡単にメッセージを作成/供給。X-PUSH Client Adaptorをnexacro(Client)に適用してメッセージを受信(only Runtime version)
  6. 様々なメッセージ送信方式を提供します。:Datasetの行をそのまま送信、情報の種類/Tag/TOPICに合わせて送信など。
  7. Anycast、Broadcast、Multicast、Unicastなど様々なメッセージの転送方式を提供します。

実際にnexacro platformで作成した
技術情報サイト

nexacro platformに関する
お問い合わせ

評価版ダウンロードで
お試し可能です

Page Top