RUNTIMEバージョン機能:nexacro platform(ネクサクロプラットフォーム)

RUNTIMEバージョン機能|nexacro platform

nexacro platformランタイムバージョンは、nexacro platform HTML5バージョンで開発したソースはランタイムでも動作が可能です。

1.高機能なWebアプリケーションをサポート

nexacro platformランタイムバージョンは、RIA、Rich Clientと同様の構造を持っています。そして、Unified FrameworkによりHTML5バージョンとソースの互換性を維持します。Unified Frameworkは、nexacro platformだけの独自のUI / TreeとParserを一括処理させて設計しており、ネイティブと同等のパフォーマンスを提供します。

2.多様な外部機器とモジュールの連動をサポート

企業システムで必要な外部機器(印刷機、バーコード、医療機器など)や、外部モジュール(Client sideのFile、Lite DBMSなど)と連動することができるデバイスAPIを提供します。

3.キーボード中心の業務処理をサポート

ホットキーや外部キーの組み合わせ活用を含めた、柔軟なキーボード中心の業務処理をもサポートします。

4.セキュリティー

万一の第三者からのソース解析を困難にするために、ソースの難読化機能と通信データのエンコード・デコードのためのオブジェクトの機能と、 URL隠蔽機能などを提供します。

5.スマートフォンやタブレットのサポート

nexacro platformランタイムバージョンは、デスクトップだけではなくスマートフォンやタブレットでも動作するように最適化されています。

実際にnexacro platformで作成した
技術情報サイト

nexacro platformに関する
お問い合わせ

評価版ダウンロードで
お試し可能です

Page Top