HTML5バージョン機能:nexacro platform(ネクサクロプラットフォーム)

HTML5バージョン機能|nexacro platform-日本ネクサウェブ

「HTML5開発環境」はHTML5仕様だけでなく、JavaScript、CSS3なども取り込む開発環境を意味しています。これは、ウェブ標準と言われるW3C、ECMAなどの標準機関の仕様を遵守する事と、標準機関が準備しているウェブトレンドを追って、未来のWebアーキテクチャーを準備するという重要なコンセプトです。

nexacro platformは、HTML5開発環境の標準を基本的に遵守し、特にJavaScriptフレームワーク中心のアーキテクチャーを構成、将来のWebアーキテクチャーを先導します。W3Cでも、Custom elementを通じてJavaScript活用領域を積極的に受け入れJavaScriptの活用性をさらに高めており、JavaScriptの発展がウェブにおいてもMSオフィスレベルのアプリ開発までができるとの期待を持たせています。実際、次第に現実化されている状況にあります。

多くの商用ライバル製品がHTML tagから一部機能をJavaScriptに拡張したり、オープンソースを組み込んで活用していることとは異なって、nexacro platformは、すでに当社のRIA製品を使っている顧客の目線に合わせて、企業向けシステムに最適化し、オリジナルな技術力でそのレベルを引き上げたHTML5開発環境です。

nexacro platformは以下の差別化された特徴的な機能を持つ未来のHTML5開発環境です。

1.様々なコンポーネントを内蔵しています。

2000年代前半から培ってきた様々なコンポーネントを内臓しています。特にグリッドコンポーネントは、多重Sort、Filter、Row / Column固定、Column Move、Auto Fit、Suppress、Cell Marge、Summary、Multi Row、TreeView、Multi Row / Cell Selectなどの機能を提供しアプリケーションUIを支援します。

2.大量データの処理が可能です。

一般的なWebページでは、万オーダーの大量データを照会することは性能面で大きな課題です。nexacro platformは、大量データ照会時にも早い応答速度を提供します。

3. WYSIWYG方式のラインデバッグが可能な開発ツールを提供します。

nexacro platformは、ドラッグ&ドロップでのUI開発と、ラインデバッグ機能による効率的なデバッグ作業を可能とします。

4. 必要によって、ランタイムバージョンに切り替えることが可能です。

よりよいパフォーマンスが必要か、または外部装置や機器との連動が必要な場合は、単一のソースコードを利用して、nexacro platform Runtimeの バージョンに切り替えることが可能です。当社はこのためのDuo Packをより合理的な価格で提供しています。

5. セキュリティー機能を提供します。

Webページは、ソースプログラムが閲覧可能であり、悪意のある第三者によってインジェクションなどの攻撃が比較的に容易であることがあります。 当社は、ソースの難読化、圧縮機能を提供してセキュリティーを強化しており、HTTPS通信をサポートし、通信データのエンコード・デコードするための インタフェースを提供します。

実際にnexacro platformで作成した
技術情報サイト

nexacro platformに関する
お問い合わせ

評価版ダウンロードで
お試し可能です

Page Top