アーキテクチャについて

スマートデバイス機能

他に類のないアーキテクチャ「Unified Framework」

端末環境にて、HTML5バージョン・RUNTIMEバージョンのアプリケーション実行において、OSやブラウザによる挙動差を吸収する、また、企業のWebアプリケーションに求められる機能をHTML5バージョンでも実装する。それが「Unified Framework」と名付けた“Javascript Framework”です。


1.Javascript Framework

Javascriptは、ウェブ環境におけるデファクトな技術になっています。たくさんのJavascript Frameworkが存在します。オープンソースで利用されている技術も多くありますが、nexacro platformは商用として中長期的に企業のWebアプリケーションを守る、互換性を担保する責任を持っています。

2.他技術との融合

ウェブ規格は今後も継続して進化していきます。汎用ブラウザの方向性やレンダリング、スクリプトエンジン、セキュリティ、端末機能利用、など、それぞれの動きに準じて、Unified Frameworkも進化していきます。それはブラウザの挙動差吸収という側面だけではなく、お客様のシステムを中長期的に保証することを目的とするものです。

アーキテクチャ