スクリーンサイズに応じたマルチレイアウト編集機能

マルチレイアウトマネージャー

様々なスクリーンサイズを持つデバイスに対応する画面デザインを、単一の画面ファイルで開発できるようにマルチレイアウトマネージャー(MLM)機能を提供しています。MLMは、指定した解像度のデザインエリアを複数作成できる機能で、各レイアウトに対してUIの大きさや配置、プロパティ設定を自由に変更できます。1つのソース上でデータ定義やロジックは共通とし、レイアウトだけを複数作成できるため、マルチデバイスに対応した画面開発をより効率的なものにします。

マルチレイアウトマネージャー

画面分割表示機能(STEP)

STEPは、スマートフォンのような表示エリアが狭いデバイスに対して、1画面を複数画面に分割表示する機能です。分割された画面の編集は、ツール上で分割したいページ数を設定することで、画面デザインエリアに点線で区切られた同一サイズの枠が複数生成されるため、各UIを表示させたいページへ再配置するだけです。

画面分割表示機能(STEP)

スクリーンエミュレータ

開発したアプリケーションの見た目や動作確認が行えるエミュレータを搭載しています。エミュレータでは、実行時の解像度やデバイス種別を自由に切り替えることができるため、モバイル端末がなくてもタブレットやスマートフォン用に開発した画面のテストが行えます。

スクリーンエミュレータ