ドキュメント生成ツール(nexacro doc)

nexacro doc

nexacro docは、NEXACRO Studioで開発したアプリケーションのリソースから、画面イメージや各UIコンポーネントの制御内容、一定の規約で記述されたコメントなどを基にHTMLベースのドキュメントを生成するオプションツールです。nexacro docを利用することで、運用期間での改修においてもリソースと乖離のないドキュメントを出力することができ、システムの設計段階を含め、システムのライフサイクル中、エビデンスとして機能します。

エビデンスとして機能

画面イメージは、UIの位置や大きさからワイヤーフレームでイメージした”Vector”と実際にブラウザ上で起動した際の画面キャプチャを利用する”Bitmap”が選択できます。

画面キャプチャを利用する”Bitmap”が選択

画面定義情報からは、コンポーネントIDや位置情報、CSSクラスや設定されているイベントハンドラの一覧が表示され、データの構造定義などもドキュメント化できます。

データの構造定義などもドキュメント化

スクリプトは、関数や変数値に記述されているコメント内容を参照したサマリー情報とソースそのものをドキュメントに含めることができ、NEXACRO Studioを起動しなくてもスクリプトのレビューが行えます。

スクリプトのレビュー