セミナーレポート:「Nexaweb GRAND SEMINAR 2016」を開催しました!(2016.11.16)

セミナーレポート

【Nexaweb GRAND SEMINAR 2016】を開催しました!(2016.11.16)

2016.11.24

Nexaweb GRAND SEMINAR 2016 開催報告

2016年11月16日「他社との差別化でビジネスを成功に導く、ITサービス開発の秘訣」をテーマに、
「Nexaweb GRAND SEMINAR 2016」を開催いたしました。

当日は多くのお客様にご来場頂きましたこと感謝申し上げます。ありがとうございました。

当日の会場の様子と、内容をご報告させて頂きます。

=====================================================

セミナー名 「Nexaweb GRAND SEMINAR 2016」
テーマ

「他社との差別化でビジネスを成功に導く、ITサービス開発の秘訣」
開催日 2016年11月16日(水)
場所 コングレスクエア日本橋

=====================================================

Hideki Mori

●ご挨拶

日本ネクサウェブ株式会社

販売推進統括本部 第一営業本部長 森 英樹

冒頭では、弊社の森よりセミナーのプログラム・時事ネタを含め、開会のご挨拶をさせていただきました。

Masayoshi Saitou

●基調講演

「常識崩壊の時代に備えよ!~ITを味方にする方法」

ネットコマース株式会社

代表取締役 斎藤 昌義 様

「システムインテグレーション崩壊」「システムインテグレーション再生の戦略」など、著作や講演での、IT業界に対する提言で有名な斎藤様の話は必見でした。

「デジタル・トランスインフォメーション」(ビジネスや社会システムの基盤をデジタルを前提とした仕組みに作り替える取り組み)が進化している。

ITに求められる価値のパラダイムシフトにより、工数需要に変化が起こり、売上はなだらかな下降線であっても、利益は限界ゼロに近づいていく。

では、どうすればいいのか・・・・・・

Kazumi Nagai

●弊社セッション

「次世代企業システムのための基盤 -nexacro platformのすべて-

~マルチ対応は“力仕事”では無理。プラットフォームが解決」

日本ネクサウェブ株式会社

最高執行責任者(COO) 永井 一美

弊社の永井からは、なぜ今、あらためてリッチクライアント、RIAのようなプレゼンテーション・レイヤーの製品が必要なのか?時系列にコンピュータの歴史を語りながら、その必要性をご説明しました。

「機械でできることは機械でやる」、コンピュータの根源です。マルチ時代での端末環境対応は“力仕事”では無理。プラットフォームが必要です。

「nexacro platform」「XGEN-WEB」

聞かれていた皆さまは、製品のメリットを感じ取っていただけたと思います。

Yuuki Kuromoto

●事例セッション1

「経団連 自然保護協会様におけるグローバルWebシステムへの適用」

株式会社インテック

第二金融ソリューション本部 保険システム部 主任  黒元 祐樹 様

経団連の自然保護協会でのシステムは、アジア太平洋知識を中心とした世界各国からの自然保護プロジェクトから申請を受けるグローバルなシステムです。

世界各国ですから、サイトの環境は実に様々。まさに、マルチプラットフォーム。

どんな環境が利用されているか、特定できない。かつ、6ヶ月という短期間で開発を行わなければいけなかった。

nexacro platformが選ばれた理由の一番目が、まさに製品の最大の特徴であるマルチプラットフォーム対応でした。

そして、開発ツールの高い生産性があって短期間での開発を実現しました。

Masatune Kanai

●事例セッション2

「VB6資産を最新Webにどう移行するか?ニッセイコムの取り組み」

株式会社ニッセイコム

ソリューション本部 システム第1部 第4課 課長 金井 正庸 様

VB6資産をnexacro platformにマイグレーションする。ニッセイコム様は、これを事業として取り組まれています。

VB6の開発環境は実質サポート切れ。実行環境もWindows8まで。

しかし、コストの問題や“動いている”という理由で移行が進んでいない。でも、保守ができなくなる。それは近づいている。

「VB6マイグレーションに伴う不安を取り除く」

ニッセイコムのミッションとして検討した結果、選択したのが「XGEN-VB」でした。

Daisuke Kuromoto

●事例セッション3

「サービスステーションにおける既存WebシステムのiPhone対応」

株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ

システムソリューション事業部 アドバンスドシステム統括部

交通・サービス部 ゼネラルマネージャー 黒本 大輔 様

「サービスステーション」とは「ガソリンスタンド」。

お客様が車で来店された時、ナンバーから過去にそのお客様が利用されたサービスが全て分かる。

しかし、そのシステムはスタンドの事務所に置かれたデスクトップPCでしか使用できなかった。

顧客接点でこのシステムを利用したい。→「iPhone」に対応する。

しかし、既存のWebシステムは安定稼働もしており、改造を入れたくない。

それを実現したのが「XGEN-WEB」でした。

Toshio Taki

●特別講演

「マネーフォワードFintech研究所長が語る
 イノベーションを生む組織づくり」

株式会社マネーフォワード

取締役 兼 Fintech研究所長 瀧 俊雄 様

スマートフォン以前とスマートフォン後、「人の購買行動」「音楽を聴く」「銀行の残高照会」など、全く異なるアクションとなった。

「次のいい」は誰にも分からない。

→いろいろなアイデアを試すのが近道

→当然、たくさん失敗作がでてくる

→失敗が許容される組織が必要

「お金を前へ。人生をもっと前へ」

マネードフォワード社が掲げる”テクノロジーの力を利用することによって、世の中のお金に関する悩みや不安を解消する”

Fintech を含めて、全体の話の中に上記のコンセプトがあり、大変ためになる内容でした。


盛況にセミナーを終えることができましたのも、ご来場いただいた皆さまのおかげです。誠にありがとうございました。

弊社スタッフ一同心より御礼申し上げます。

Nexaweb GRAND SEMINAR 2016の資料ダウンロードページはこちら

ご来場されなかった皆さまで、内容にご興味がある場合は、こちらよりご連絡くださいませ。

Back to List Page
Page Top