【TechRepublic Japan】DX実現の足かせとなるシステムの特徴とは?
マルチデバイス時代の最良なUI/UX 開発術

TechRepublic Japanに特集記事が掲載されました!




経済産業省が2018年9月に公表した「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」で指摘した「2025年の崖」問題は、大きな注目を集めました。
その解決策として業務の根幹を担う既存のレガシーシステムの刷新が強く叫ばれていますが、複雑化・ブラックボックス化が進んだことで保守運用が属人的となりやすく、費用もかさむために、DX実現の足かせになっているのが現状です。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら

新着情報・お知らせ一覧へ戻る

おすすめ関連記事

【週間BCN+】日本ネクサウェブ、UI/UX基盤の最新バージョン「nexacro beyond」

【週間BCN+】日本ネクサウェブ、UI/UX基盤の最新バージョン「nexacro beyond」

【週間BCN+】日本ネクサウェブ、最新のUI/UX基盤「nexacro beyond」を20年初頭に発売

【週間BCN+】日本ネクサウェブ、最新のUI/UX基盤「nexacro beyond」を20年初頭に発売

【週間BCN+】日本ネクサウェブ、「XGEN」を「XiCRO」に改名し販売

【週間BCN+】日本ネクサウェブ、「XGEN」を「XiCRO」に改名し販売

【週間BCN+】ソフトウェア・パートナーと日本ネクサウェブ、Wagby事業で提携

【週間BCN+】ソフトウェア・パートナーと日本ネクサウェブ、Wagby事業で提携