リッチクライアント・RIA(リッチインターネットアプリケーション)について

リッチクライアント、RIA(Rich Internet Application)とは?

リッチクライアント・RIA(リッチインターネットアプリケーション)とは?

“リッチクライアント” と “RIA”(Rich Internet Application)は
同義と考えて良いが、現在はRIAと呼ぶことの方が多い。

【発祥について】

インターネットが普及し、企業の情報システムがC/S(クライアント・サーバー・システム)から移行期において、C/Sのルック&フィールをWebシステムにも適用することを目的とし2000年代の前半に登場した。

Webシステムの言語標準であるHTMLはページ表示技術であり、C/Sで駆使されていたWindows UIのような画面制御や、ホスト系で多用されていたキーボードのみでの制御が出来なくなった。

これを救うために登場したものが、【RIA】だ。

入力系、選択系、表示系など、Windows UIと同等のコントロールを標準で搭載し、UIコントロール間の遷移順序やスキップ、IME制御、入力文字数制限、次のコントロールへの自動遷移、カレンダー標準装備など、きめ細かいUIを構築できる。

【RIA第二世代】

様々なJavascriptのフレームワークが登場し、「RIAは終わった」と言われたこともあるが、この発言が指しているのはAppleがFlashを排除し、マイクロソフトが最新のブラウザであるEdgeにおいてActiveX、Silverlightを捨てたことなどに起因する。

また、HTML5という規格が従来のページ表示技術ではなく、アプリケーションを構築できる技術に進化したことにもよる。

一方、iPhoneの登場以降、スマートデバイスが企業のシステムにも利用されるようになり、「RIA第二世代」に入ったとも言われる。

発祥当時の環境であるWindows OS、Internet Explorer、デスクトップPCという固定環境の時代は過ぎ、マルチ環境への対応が必須となったためである。

”nexacro platform” は、FlashやSilverlightのようなプラグインではなく、Webブラウザだけで動作する完全ノンインストールのRIA。

かつ、ブラウザの挙動差を吸収する仕組みを持つ“唯一のRIA”である。

また、Javascriptのフレームワークなどのオープン技術との違いは、日々進化、変化する端末環境の変遷を吸収していること。

5年、10年と生き続けるアプリケーションのライフサイクルにおいて、互換性を確保し可用性を担保している点にある。

流動性の高い「人」で対応することには無理がある。

マルチプラットフォームの基礎知識TOPへ

Page Top