マルチスクリーンサイズについて-マルチプラットフォームの基礎知識

マルチスクリーンサイズとは?

「あるアプリケーションが、様々なスクリーンサイズの端末で動作する」こと。

 

同一アプリケーションが、そのまま様々なスクリーンサイズで動作することが一般的な定義だが、様々なスクリーンサイズに対応できるアプリケーションを簡易に開発できる場合にも、この用語を利用している。

 

“nexacro platform” は、画面のUIコントロールに対する配置指定により、タブレットクラスのサイズ差を吸収し、PC、スマホ、タブレットなど、画面サイズの大きな差は、MLM(マルチレイアウトマネージャー)機能により、生産性高い開発を可能としている。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

日本ネクサウェブは、企業のWebシステムにおけるUI/UXを強力に支援する「統合開発・実行基盤」を提供するリーダーカンパニーです。
マルチプラットフォーム時代の基盤「nexacro platform」や既存のWebシステムを活かしながら、1、複数のシステムを統合 2、スマートデバイスに対応できる「XGEN-WEB」などを販売/サポートしています。

nexacro platform製品詳細

nexacro platform
まるわかりセミナー

nexacro_platform maruwakari_link





Page Top