マルチプラットフォーム(クロスプラットフォーム)について

マルチプラットフォーム(クロスプラットフォーム)とは?

マルチプラットフォームとは?

マルチプラットフォームとクロスプラットフォームは同義。

コンピュータ関連で捉えれば、Windows、Mac、Linuxなど、様々な異なるOS環境を指す。

広義として、それらマルチプラットフォームの上で動作するコンピュータプログラムを指すことが多い。

それぞれ、プラットフォームが持っている規格は異なり、基本言語も異なるため、同一に動作させるためには手法が必要である。

弊社製品の、【nexacro platform】は、「マルチプラットフォーム」「マルチブラウザ」「マルチスクリーンサイズ」「マルチデバイス」である。

様々な端末環境で動作するWebアプリケーションを、1つのソースプログラムで実現する。

提供されるGUI開発ツールを利用すれば、開発者は各プラットフォームの個別技術を用いなくともJavascript技術だけで開発が可能となるため、開発生産性は非常に高い。

マルチプラットフォームの基礎知識TOPへ

Page Top