HTML5について-マルチプラットフォームの基礎知識

HTML5とは?

Webで利用される標準技術であるマークアップ言語、HTML(HyperText Markup Language)の改訂技術。

 

WWW(World Wide Web)の標準化団体であるW3C(World Wide Web Consortium)により2008年にドラフト(草案)が発表され、2014年に勧告された。

 

従来のHTMLが単なるページ表示技術であったことと比較すると、HTML5はFlashなみの表現力を持ち、“アプリケーションを構築できる”言語に進化した。

 

各ブラウザはHTML5規格を順次取り込むことで、相互運用性を担保する方向にある。

 

”nexacro platform” は、HTML5、Javascriptという標準技術のみを利用して動作しながら、ブラウザの挙動差を吸収している唯一のRIAである。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

日本ネクサウェブは、企業のWebシステムにおけるUI/UXを強力に支援する「統合開発・実行基盤」を提供するリーダーカンパニーです。
マルチプラットフォーム時代の基盤「nexacro platform」や既存のWebシステムを活かしながら、1、複数のシステムを統合 2、スマートデバイスに対応できる「XGEN-WEB」などを販売/サポートしています。

nexacro platform製品詳細

nexacro platform
まるわかりセミナー

nexacro_platform maruwakari_link





Page Top