コマツ教習所株式会社

コマツ教習所

労働安全衛生法に基づく技能講習、特別教育、安全衛生教育の実施、クレーン等免許に係る実技演習などの事業を展開しているコマツ教習所が、年間約9万人を超える受講者のシステムを再構築しました。

「講習管理システム」:概要/システム要件/ポイント

komatsu

【概要】
「講習管理システム」として、講習の開催に伴う様々な業務を担う基幹システムを再構築するにあたり、求めたことは「操作性の向上」と「業務のシステム化範囲の拡大」。 構成は3階層(P層(画面処理)、F層(ロジック)、D層(データ処理))として、サーバサイドは既存技術(Java)を利用した。

【システム要件/ポイント】

  • 受講者の操作性
    入力チェック、ホットキー処理、カナの自動入力、テーブルの高機能化/動的制御、Enterキーによるフォーカス遷移、プルダウンメニューの絞り込み
  • ポップアップメニュー&タブバー
  • Business Intelligenceツール
    自由な条件入力から大量のデータ分析を実施。使用した分析条件は、保存・配布可能。
  • サーバサイドは既存技術を利用


こちらから事例の詳細をご覧いただけます。
事例ダウンロード

マルチプラットフォーム導入事例(学校・教育施設)

導入事例TOPに戻る