明治大学

明治大学

明治大学の「黒川農場」は、3つのコンセプト(環境共生、自然共生、地域共生)を基本として、神奈川県川崎市麻生区の黒川地区に2012年4月開場した「21世紀の未来型エコファーム」。ここで、これからの農場に求められるシステムとして考えられたのが「HEMS(Home Energy Management System)の農業への応用」です。

「農場見える化&制御ソリューション」:概要/システム要件/ポイント

【概要】
これからの農場に求められるシステムとして、HEMS(Home Energy Management System)の農場への応用が要件。圃場、ハウスの状態をリモートで「見える」ようにし、データを蓄積。圃場、ハウスの状態から、空調・散水栓を自動制御し最適な育成環境を維持。かつ、スマートデバイスを有効活用する。

【システム要件/ポイント】

  • モバイル端末での情報提供
  • HEMS(Home Energy Management System)の農場への応用
    圃場、ハウスのリモートでの「見える化」と「制御」
  • 学内外からの参照
  • 個人所有端末の利用
  • 端末に応じた最適なレイアウト
  • PC、タブレット(iOS、Android)での稼働
  • スクロールの排除

こちらから事例の詳細をご覧いただけます。
事例ダウンロード

マルチプラットフォーム導入事例(学校・教育施設)

導入事例TOPに戻る